皆様からナンビ商品に関してお問い合わせ頂いたご質問と、回答をご紹介いたします。
詳細につきましては、ぜひお気軽にお問い合わせください。

シャンプーの洗浄成分にはどんなものを使っていますか?
A.絹タンパクに多く含まれるアミノ酸と、天然植物由来のヤシ油から生まれたアミノ酸系洗浄剤をベースに使用しております。 良好な泡立ちが特長で、皮ふや被毛にマイルドな洗浄成分を使用しております。
8種のアミノ酸(天然由来保湿剤)と記載されているが、
どの様なものですか?
A.皮膚の天然保湿因子(NMF)の研究から生まれた湿潤剤です。NMFに含まれるアミノ酸組成をモデル化した8種類のアミノ酸、およびPCAソーダを配合する事により皮膚被毛しっとりと潤いを持たせます。
(8種アミノ酸:セリン・グリシン・グルタミン酸・アラニン・リシン・アルギニン・トレオニン・プロニン・PCAソーダ)
水にて希釈して使用出来ますか?
A.はい。ご使用頂けます。もちろん原液でもご使用頂けますが、汚れの度合い等にもよりますが、シャンプーの場合は2〜3倍程、コンディショナーリンスの場合は5〜10倍程の水にて希釈してご使用頂けます。
(希釈する際のご注意・・・本品は良好な品質を保つ為に原液分の保存料しか配合しておりません。水にて希釈した状態で保管されると安定した品質が保てませんので、必ずご使用都度の希釈を行って下さい。)
シャンプーをした後に
コンディショナーリンスは、やはりしたほうが良いですか?
A.シャンプーのみでも構いませんが、シャンプー後にコンディショナーリンスをする事により、皮膚被毛により潤いをもたらす事や、皮膚被毛をコーティングをし、ドライヤー熱やブラッシング時等の摩擦等による被毛の損傷を防ぐ効果も御座います。シャンプー後にはコンディショナーリンスをして頂く事をお勧め致します。

シャンプーの洗浄成分はどんなものを使っていますか?
A.石油系の合成界面活性剤は使用せず、純植物由来の成分(大豆、ヤシ)を使用しております。皮膚に非常にマイルドなのに強力な洗浄力と抗菌力を発揮します。
泡立ちが少ない様に感じますが、きちんと洗えてますか?
A.洗浄方法としてコロイド洗浄と鹸化洗浄なので泡立ちが少なく感じるかもしれませんが、公的機関による検査、分析によっても非常に高い洗浄力が確認されております。シャンプーをする前に愛犬愛猫の皮膚、被毛を適温の湯にてしっかりと濡らし、マッサージをする様な感覚でシャンプーをして下さい。特に汚れがひどい場合には、2〜3分程染み込ませてから洗い流して頂くとより効果的です。
主成分に大豆を使用している様ですが、
大豆アレルギーがある場合、使用は出来ませんか?
A.大豆アレルギー、遺伝子組み換え、残留農薬はすべて大豆タンパクに含まれており、製造段階でこの大豆タンパクは除去する為、問題ありません。
水等でシャンプーを薄めて使用出来ますか?
A.大豆成分の様々な効果が最大に発揮出来る様に濃度の調整をしております。薄めずにそのままご使用される事をお勧め致します。
シャンプーしたあとリンスは必要ですか?
A.リンスは必要ありません。シャンプーのみで、被毛はしっとりサラサラに仕上げ、皮膚を保湿します。また、嫌な静電気も防止します。
低刺激性と書かれていますが、
皮膚に湿疹や傷がある場合でも使用出来ますか?
A.基本的には健康な皮膚の状態でご使用下さい。
保管をしていて使おうとしたらシャンプーが白っぽく
変色してしまいました。使用しても問題ありませんか?
A.純植物由来の成分を使用いる為、気温の変化等で白く濁ったり、変色したりする事がございますが、品質等は問題ありません。

化学薬品や合成洗剤は使わないと書いてありますが、
ペット以外で汚れ落としには使えますか?
A.はい。使用出来ます。一般に手アカ、タバコのヤニ、静電気による汚れ、油汚れ等が付いた壁などを良く落とします。
ディスプレー等、電子機器等の汚れをふき取る場合は直接スプレーせず、布等にスプレーしてから汚れをふき取って下さい。
使用期限はどの程度でしょうか?
A.効果は2〜3年は変わりません。しかし、容器のスプレーを外したままにしておきますと大気中のプラスイオンを奪い、劣化して効果を失います。但し、容器中の空気は外の大気と殆ど入れ代ることがないので、問題ありません。
市販の電解生成機でアルカリイオン水が作れますが、
違いがありますか?
A.市販の電解生成機で作られるアルカリイオン水は、PH9.0ぐらいまでと水素イオン濃度が低く、剥離効果は全くありません。また工業用で使用されている高価な電解生成機でPH12.0前後を生成する機械もありますが、ただ水を電気分解しているだけなので、その維持力はなく、物質に触れると直ぐに劣化してしまいます。本品は特殊な方法で電気分解を行っている為、維持力に優れまた触媒作用により更にお散歩ローションの持つ効果を引き出しています。

シャンプーの洗浄成分にはどんなものを使っていますか?
A.天然ヤシ油由来の原料を使用し、皮膚刺激が少なく、泡立ち、洗浄性にすぐれ、洗浄後の被毛につやとしなやかさを与える洗浄成分です。
長毛犬種用シャンプーと中短毛犬用シャンプーの
大きな違いはなんですか?
A.長毛犬種用シャンプーは洗浄後、被毛の仕上がりをしっとりと仕上がる様に処方を設計しております。中短毛犬種用シャンプーは洗浄後、被毛の仕上がりをふんわりと仕上がる様に処方を設計しております。
薬用シャンプーがありますが、治療は可能ですか?
A.残念ながら、本品は動物用の医薬品ではありません。
動物用医薬部外品ですので治療は行えません。あくまでも健康な皮膚の状態で使用して頂き、予防としてご使用下さい。
リンスは一種類しかありませんが、全ての犬や猫に使えますか?
A.はい。ご使用頂けます。本品はすべての毛質、毛量等に対応出来るよう水分、油分等をバランス良く配合し、しっとりサラサラに仕上がる様処方を設計しております。
パピー(仔犬)用シャンプーは生後どの位より使用出来ますか?
A.生後3ヶ月予防接種後よりご使用頂けます。

シャンプーの洗浄成分にはどんなものを使っていますか?
A.絹タンパクに多く含まれるアミノ酸と天然植物由来のヤシ油から生まれたアミノ酸系洗浄剤をベースに使用しております。良好な泡立ちが特長で、皮ふや被毛にマイルドな洗浄成分を使用しております。
子犬用シャンプーは生後どの位より使用出来ますか?
A.生後3ヶ月予防接種後よりご使用いただけます。
始めから泡で出てくると、洗っている最中に
泡が無くなってしまいませんか?
A.洗っている最中でも泡立ちがしっかりとキープ出来る様に処方を設計しております。液体シャンプーと変わらない程の泡立ちの持続性です。

ブラッシング時の嫌な静電気も防止出来ますか?
A.はい。防止出来ます。帯電防止剤を配合しております。

犬猫の耳の中に直接、液をたらして使用しても良いでしょうか?
A.本品は直接耳の中にたらすタイプではありません。ペット用綿棒やカット綿等に本液を良く染み込ませて、耳の中の汚れを拭き取ってご使用下さい。

人にも使用出来るとなっておりますが、
犬猫には香りが強すぎないでしょうか?
A.このHAPPYフレグランスシリーズは犬猫用に開発しております。人に使用した場合は人用のフレグランスとは違い、ほのかに香る程度になります。
顔にスプレーしても大丈夫ですか?
A.顔にはスプレーはしないで下さい。その他デリケートな部分にはスプレーしないで下さい。犬猫の場合は背中あたりに15〜20cmくらい離し、1〜2プッシュして下さい。

このクリームはスリップ止めの効果はありますか?
A.残念ながら、このクリームはプルプル肉球(保湿効果)をメインとした美容クリームです。スリップ止めの効果は御座いません。

ジェルをお口の中に垂らすだけで、
歯に付いた歯垢は取れますか?
A.本品は歯茎の健康と気になる口臭を予防とする製品で、お口の中に垂らしただけでは歯垢は取り除けません。本品がお口全体に広がった頃、歯ブラシ等でブラッシングをしてあげる事をお勧めします。いきなり歯ブラシを口の中に入れようとすると、ペットが驚いて歯磨きが出来ないという場合もあります。その場合、まずは口のまわりを手や指で触ることから始めてみて下さい。嫌がらないようであれば、ガーゼ等で優しく歯を触ってみます。最初は短時間で切り上げ、褒めてあげたりご褒美を与えたりしながら、歯磨きは楽しいものだと思わせてやりましょう。